フランス語の歌・アリア特化レッスン

 

フランス語で歌う方への特化レッスンです。

 

 

ここでは、特に学んでいない言語の歌を、どのように準備していけばよいのかを、探っていきます。詩やセリフは、母国語であってもよくわからないことがあります。

歌うということはよく知らない言語でも、発音し歌える、というチャンスに恵まれているということでもあります。音には意味がついてくるのです。

 

 詩を声にだして読むこと

オペラを劇とするならば、歌曲やシャンソンは詩でもあります。「詩を表現すること」「内容を理解していること」が歌の表現につながります。

最初は発音は完ぺきではなくてもいいのです。

フランス語で歌うことに慣れていないうちは、技術的なことで耳も胸もいっぱいです。でも、何度も「読む」ことで、歌うことが楽になります。

 

「この詩は、何を言いたいのでしょうか?」

オペラをセリフとしてとらえれば感情も入ります。

フランス歌曲に使われている詩は、美しい文学的な日本語訳があります。その日本語を、どのように使い、自分の物にしていますか?日本語での理解はどんなふうに「音楽と結びついて」いますか?

 

「詩の背景や詩人について、興味をもって調べてみましたか?」

作曲者について調べることはあると思いますが、意外と詩人たちは忘れられがちです。なぜ作曲家はこの詩を選んだのか、など、深入りとか深読みしてみるのも、楽しいものです。詩人に関しては、ネットで調べられることはたくさんありますので、ぜひ。

 

ピアニストにも伝えることがたくさんあります。フランス歌曲は、ピアノの部分がなかなか豊かです。歌曲の伴奏というのは、歌い手とのデュオなのです。

 

・ピアニストのみのレッスン、ふたりでのレッスンも可能です。

 

ピアノソロ作品であれば、作曲者の人生を知り、どんな時に曲が作られたのか、という方法で、背景を色濃くしていくことができます。では、歌曲やシャンソンの場合はどうすればよいのでしょうか?具体的にその方法をお伝えします。

 

もちろん、最後は「あなたがどのように表現したいのか」が一番大事なことです。

 

フレンチバロックを歌う場合には、レチタティーフが切り離せません。このジャンルのスタイルを踏まえ、バランスをもった「話しかた」を練習します。

 

 こんなことに注目します。

明確な発音、フランス語のリズムの把握。

ピアニストと一緒につくる音楽。

歌い手とピアニストとの詩の理解と、それをいかした演奏。

楽な、フランス語を歌うのに適した声。

  

生徒さんの個人情報を厳守いたします。

 

akikovoice@gmail.com